有効な治療法は | 性行為をしてなくとも油断はできない?トリコモナスの恐怖

有効な治療法は

どこかを見つめる女性

性感染症と呼ばれるものはいくつかあります。そのなかでトリコモナスという病気があります。性感染症を発症している人の中には、抗生物質を飲んだ後に発症したという人が多くなっています。風邪をひいたときに抗生物質を飲むと風邪の菌を殺すことができますが、同時に健康な膣を保つという菌も殺してしまうことになるのです。細菌ではウォシュレットなどで膣洗浄をすることができますが、これによって膣を健康に保つという菌が流れ出てしまいます。膣の中がアルカリ性になってしまいトリコモナスを発症してしまうと言うことにつながります。このほかに寝不足であったり不潔な行為やストレスなどが重なってトリコモナスを発症してしまう可能性があるので注意が必要となります。

トリコモナスを発症したときの治療方法が気になります。病院を受診すると言うことになりますが、女性の場合は薬を1回服用することで治るようになっています。しかしこの薬を服用したときには注意が必要となります。服用した後少なくとも72時間以上はアルコールの摂取を控えるようにします。アルコールとの相性が悪くなっているので、吐き気や頭痛の症状が現れることがあります。また完治するまでは性行為も控えるようにします。トリコモナスの薬に関しては、ジェネリックがあるので安い価格で利用することもできます。男性の場合は症状がほとんどなく、女性だけに匂いの強いおりものが出るのでわかりやすいとくとく腸があります。したがって薬で完全に治すことが大切です。